ツアー当日の流れ

待ち合わせ

集合時にゲストに良い第一印象を与えることは、ツアー全体の満足度を高める上で非常に重要です。ご予約いただいたことへの感謝を伝えつつ、以下のアクションを行い、ツアーを開始しましょう。

  • 合流
    ガイドは、集合場所に15分程の余裕をもって到着しましょう。ゲストとガイドの名前を記入したMeeting Boardを持ち、ゲストを待ちます。合流時は、ツアーをリラックスして楽しんでもらえるよう、あいさつと自己紹介を行いましょう。
  • ツアーデスクへの連絡
    無事にゲストと合流できたら、ガイドマイページ、もしくはガイドアプリで集合連絡を行ってください。もし集合時間を過ぎてもゲストが来ない場合は、ツアーデスクまでご連絡ください。
  • 必要事項の説明
    ゲストにツアー行程やスケジュールを説明します。ツアー中の費用(交通費、入場料、体験費用など)はゲストが自分で支払うことなど、注意事項も忘れずに説明しておくことで、後々のトラブルを避けることができます。

ツアー中

各観光スポットでの案内

ツアー中には、ゲストと共に様々な場所に訪れます。訪問先に応じて、案内やゲストのサポート等を行いましょう。

  • 観光スポット
    スポットの特徴・見どころや、文化や歴史などの背景を説明します。もし施設のスタッフや現地のボランティアガイドの方と交流する機会があれば積極的に活用しましょう。
  • 売店/土産物屋
    ゲストの買い物をサポートしつつ、店員とのコミュニケーションを補助しましょう。地元の人との会話を通訳することも、ガイドが提供できる価値の一つです。
  • 飲食店
    メニューの説明、注文のサポートを行いましょう。ゲストにアレルギーがある場合には、該当する食材が含まれていないかお店のスタッフに確認しましょう。

移動

スムーズに移動を行うことはガイドとしての最低条件です。その上で、移動中にゲストの国と日本の文化の違いについて話し合ったり、移動中に見える景色についての解説を行うことで、ツアーの満足度を高めることができます。
なお、それぞれの移動手段におけるポイントを覚えておきましょう。

  • 徒歩移動
    ゲストの歩くスピードに合わせて移動しましょう。また、休憩を取るなどの気遣いもゲストの状態に合わせて行いましょう。
    次のスポットまでの所要時間をゲストに予め伝えておくと、ゲストが安心して移動できます。
  • 電車移動
    電車で移動する際には、事前に運賃を伝え、購入方法や改札口の通り方などを教えると良いでしょう。また、時間帯や利用する駅によりラッシュに巻き込まれる場合があるので、ゲストとはぐれたり、怪我をしないように十分気をつけましょう。
  • タクシー移動
    ゲストが急いでいる場合や、体力に不安のある場合はツアー中にタクシーを利用しても構いません。但し、費用の負担についてはゲストとよく相談しましょう。その際、どのくらい費用がかかるかゲストに伝えられると良いでしょう。

写真撮影

ゲストに頼まれなくても、積極的に写真撮影を提案してみましょう。

ツアーで訪ねるスポットの撮影スポットを事前に把握しておくと喜ばれます。

ゲストとのコミュニケーション

移動中は様々なことを話してコミュニケーションを積極的に取りましょう。ツアーに関することだけでなく、普段の生活や経験を聞くのもゲストにとっては日本の文化の一端を知る貴重な機会です。

ツアー終了

所定の解散場所までゲストをお送りしてツアーは終了となります。ツアー終了時には以下のアクションを行いましょう。

  • 解散
    所定の場所に向かい、今日1日のお礼を伝えて解散しましょう。次の予定を聞いて行き方を案内すると喜ばれます。
    なお、ゲストが解散場所の変更を希望された場合、ガイドに無理のない範囲でご対応いただいてかまいません。
  • レビュー依頼
    もしゲストがツアーに満足しているようであれば、Meeting Boardに記載されているQRコードを活用し、レビューの記入をお願いしましょう。
  • ツアーデスクへの解散連絡
    無事に解散したら、ガイドマイページ、もしくはガイドアプリから終了連絡をお願いします。

 

目次
Close Bitnami banner
Bitnami